FC2ブログ

薬に溺れていた時期もあった、、、。



減断薬について、オルちば副代表の藤巻さんが自身の経験などを書いて下さいました。

是非ご覧頂けたら幸いです。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




こんにちは🙋🏻‍♂️🌟




藤巻無為™️です💁🏻‍♂️😃🌟




今日は遂に、私自身の、向精神薬に半ば振り回され続けて来た半生を綴ってみようと思い立ちました!



どうか、読んでやってください❣️🌟




「薬に溺れていた時期もあった、、、。」

これが、私自身の四半世紀近くにも及ぶ、薬害体験を一言で表した感想です。
向精神薬の恐ろしさを知らなかったとは言え、薬に依存し切っていた時期も間違いなくあったのですから、それはそれで「自業自得」と言わざるを得ない、と思います。
しかし、そう考える一方で、向精神薬の恐ろしさを一番、誰よりも熟知して、慎重に慎重を重ねて処方しなければならぬ医師の側の、余りの適当で、その場凌ぎな薬の処方の仕方にも憤りを覚えてならないのも事実です。
この医師=精神科医たちは、いちど増えた向精神薬を減薬するのが、どれほど大変な難業か?を本当に分かっていて処方しているのか??と思わず疑ってしまいたくなるほど、ずさんな処方をして来る医師は、これまで出会って来た内の半数以上に及びました。
彼らは自分が、どれだけの多量の薬を処方しているのかに注意を払っていない、若しくは関心が更々ない、要するに患者の体調など、自分が薬を出して儲かれば、どうでもいいという白々しい態度を取っている医師が殆どと言っても過言ではなかったのです。

或る医師は、私が「鬱が辛いです。」と症状を訴えただけで、その症状に至る前後の私の話など聞きもせずに、
「それでは、トリプタノールを処方してみましょう。きっと楽になれますよ。」
などと、いとも容易く抗うつ薬を出して来ました。
そして、その翌週辺り、そのトリプタノールがなかなか効かないと見るや、
「こんどはトフラニールをプラスしましょう。これは効きますから、もう大丈夫ですよ!」
と更に強い抗うつ薬を処方して来ました。
この医師は、自分が飲まされる立場になって考えた事がいちどでもあるのか?と疑いたくなる処方ばかり、いつもして来て、私はこの医師のお陰で「多剤カクテル処方」の犠牲者にされたようなものでしたね。
今に至るまで飲まされ続けている、デパケン=バルプロ酸ナトリウムやシクレスト舌下錠も、この医師の処方によるものです。

そして別の医師は、私が、
「夜、定刻になってもなかなか寝付けないのですが、、」
と窮状を訴えたら、
「それではこちらを飲んでみてください。」
と、睡眠導入剤でも何でもないセロクエルという非定型抗精神病薬を処方して来ました。
そして翌週、そのセロクエルが効かず、私がなかなか眠れないまま、と知ったその医師は、何を血迷ったか、一気にそのセロクエルを50mgを5錠にまで増量して来たのです。
これには本当に開いた口が塞がりませんでしたね。睡眠導入剤ではないセロクエルを増量さえすれば、患者は黙って寝付くとさえ思っていたのでしょうか。
しかも薬の増減の振れ幅が大き過ぎるでしょうが!?
この医師も
「どうせ薬を飲むのは自分ではなく、患者だから。」
とたかを括っていたのでしょうね。思い返すと本当に悔しいですね。

確かに、冒頭に書きました通り、私も向精神薬に依存し切って、医師の処方に任せるがままに服用をし続けてしまっていた時期も長くありました。
向精神薬の副作用などの本当の恐ろしさに無知だったから、というのが最も大きな要因ですが、、、。

そんな私の精神科医の診察に対して受け身で、依存し切った体質を変えてくれる出来事が、或る日起こりました。
今、通っている「風車」という居場所で、その風車主催の向精神薬の勉強会があり、それにひょんなことから参加する事になったのです。
向精神薬の怖さは、かねがね噂として伝え聴いてはいたものの、その勉強会に参加した事により、噂は一気に現実味を増して、私の上にのし掛かって来ました。
その勉強会に講師として来て頂いたN氏とその助手のAさんは、私の姿を見て、そして当時飲んでいた薬の量の多さに、
「よく五体満足で寝込まないでいられるものだ!」
と驚いていました。
その言葉を聞いてから、私は自分自身の服薬量が空恐ろしくなり、自分の命の為、是が非でも減薬に取り組みたい!と切に願うようになりました。
そして、とんでもない処方ばかりして来る当時のクリニックから、減薬に比較的協力的な現在のクリニックに直ぐ様転院しました。
その新しいクリニックでは、初診で何と一気に4種類もの薬を
「必要ないですから。」
と言って減薬してくれました。

しかし、その新しい医師も、私が余りにも減薬を焦り、急かすものですから、徐々に減薬に対しての態度が慎重になって行きました。
その慎重過ぎる姿勢に焦らされた私と、医師との間で口喧嘩になった事も幾度かありました。
そして私が自己判断で勝手に減薬して体調を崩し、医師に叱られるという事も幾度かありました。
しかし、その度に私は最初の風車での勉強会で出会ったN氏や、風車のスタッフの方たちの言葉を思い出していたのです。

「患者=当事者には失敗する権利がある。」

という言葉をです。

この言葉は本当に偉大だと思います。
当事者とその快復を信じて、主体性を持つ事の大切さを忘れていない者が初めて放つ事が出来る、力強い、当事者にとっては叱咤激励の言葉です。

だから私は、少しずつ、この言葉をお腹に落とし、自己の血肉と化して、それを減薬の成功を信じて、少しずつの道のりを歩んで来ました。

そして今年(令和2年)の4月9日に、生活保護を受給しての念願の一人立ちを果たす事ができて、一人暮らしを始める夢がようやく叶ったのも自信の上乗せとなりました。

なので、一人暮らしを開始した翌4月10日から、私はエビリファイという薬の減薬にも着手し始めて、それは今のところ何の悪影響も殆ど見られずに成功しています。
自信というものは大きいものです。
このエビリファイの減薬に際しても、私は医師に対して、
「何かありましたら、自己責任を取りますから。」
の一言で押し切ってしまいました。
以前の自分に自信のない私でしたら、到底できない荒技でした。
一人暮らしを始めて、生活が充足感に溢れているお陰で、減薬がどうのこうの、、と悩んでいる暇がないのです。
現在は吉竹農園というところで農業研修生として仕事もしていますし、この農作業の充実感も精神衛生上、減薬にも非常に良く、効果的な筈です。

でなければ、エビリファイを一気に半量(12mg)も減らす事は叶わなかったでしょう。

今後の私の夢は、また焦らずに減薬に取り組み続けて、いずれは断薬する事です。
それは決して絵に描いた餅ではない筈です。
何故なら、私のこれ迄の人生の軌跡が、減薬が無理な夢ではない事を既に証明してくれているからです。
私の夢とは、社会活動家として、自分自身の体験を通して、他の減断薬や精神障害で苦しんでいる方々の助け、支えとなる事です。
断薬を実現するには、先ずは無理せず、そして夢と理想を大きく掲げて、そこへ邁進する事だと思います!
夢と理想を持ち、そこに向かって前進する事こそ、減断薬の大きな起爆剤となってくれる事と信じます。




〜THE END〜





感謝感激🙏✨
藤巻無為™️より💁🏻‍♂️😃🌟



哲也さん撮影ブログ使用写真2020.5






6月6日(土) 千葉県 船橋にてメンタルヘルス相談会


2020年6月6日(土)、船橋にてサードオピニオン会(メンタルヘルスの相談・対話会)を開催致します。
(千葉県の緊急事態宣言の解除の予定は5月31日ということなので、6月6日の船橋サードオピニオン会は、今のところ開催の予定となっております。)

コロナ禍の影響で、心身の調子を崩し症状が悪化された方、服薬量が増えてしまった方等いらっしゃると思います。

自身を取り巻く環境や状況、心配や不安に思っていること、困っていること、解らないこと等、話すことで気持ちが整理され、心の負担が大分軽くなると思います。
また、対話の中から有益な情報や解決の糸口が見つかるかもしれません。

自粛自粛で籠りがちになっていた心身を、外に出て、人と会い、話すことで、一時でも解放して頂けたらと思います。
その機会に是非サードオピニオン会を使って頂けたら幸いです。



サー船 2020.6.6 チラシ低容量



今現在 心に問題を抱え服薬されている方、こんな疑問を抱いたことはありませんか?

『心の病って薬で治るのだろうか…?』

私自身、かつて心に問題を抱え、何年も服薬し苦しんでおりました。
すっかり快復し、心の健康を取り戻した今の自分が言えるのは、

『心の病は薬では治せない。』ということです。

心の問題というものは、薬を飲んでどうにかなるものではないと実感しています。

この会では、参加者1人1人の心の問題に対して、対話を通じて、
薬物治療に頼らない医療とは別の視点での解決方法を、参加者と共に考えてゆきます。

また、うつ病など精神疾患を患っている方、こんなお悩みはありませんか?

「主治医がイマイチ信用出来ない。」

「主治医に減薬を訴えているが、なかなかしてもらえない。」

「メンタルクリニックに通っているが、回復の兆しが見えない。」

「診断名に納得出来ない。」

「薬が体に悪いことは知っているが、なかなか減断薬に踏み込めない。」

「減薬が上手く行かず、行き詰まりを感じている。」

「断薬したが、薬害の後遺症で苦しんでいる。」

「断薬したが、社会復帰出来ずにいる。」

「家族が何年も引きこもっている。」

「子どもが発達障害と診断された。」

「とにかく苦しい。この苦しみからなんとか脱出したい。」

「死にたい」

…等々
些細なことから大きな問題まで、どうぞお気軽にご相談下さい。

精神疾患を患っているご本人、そのご家族、精神医療に疑問を持たれている方、ソーシャルワーカーさん、
ケースワーカーさん、看護師さん、薬剤師さん、MRさん等、どなたのご参加も大歓迎です。

入退室自由、匿名でのご参加も可能です。




⚫︎日時⚫︎
6月6日(土)13時〜16時

⚫︎場所⚫︎
船橋市本町3-4-3
千葉保育センター2階会議室①

*会場の建物は一軒家ですが、インターホンを押さずにお入り下さい。
階段を上がって左側の部屋になります。

⚫︎MC⚫︎
中川 聡
(オルタナティブ協議会代表・精神医療被害連絡会代表)

⚫︎参加費⚫︎
1000円(資料代)


*新型コロナウィルス感染拡大防止対策として、ご参加される方はマスクの着用をお願い致します。
また、当日体調の悪い方のご参加はご遠慮頂きますようお願い申し上げます。




‪処方について相談したり、減断薬を励まし合う仲間と出会ったり、症状の話で共感し合ったり、愚痴り合ったり、
時には恋の話で盛り上がったりと楽しい会でもあります。‬

また、
「居場所がない…」
こんな思いはありませんか?

サードオピニオン会を居場所としてご活用頂くのも大歓迎です。
私自身も最初はそんな思いから参加致しました。
居場所がない人達の集まりでもありますので、どうぞお気軽にご参加下さいませ。

どうかお独りで苦しまないで下さいね。

皆様のご参加をお待ちしております。




✴︎✴︎✴︎お申し込み・お問い合わせ✴︎✴︎✴︎

⚫︎Facebook⚫︎
Facebookにて千葉オルタナティブ協議会をご検索→イベント→サードオピニオン会 in 船橋
→『参加する』をクリックでお申し込みできます。

*千葉オルタナティブ協議会のFacebookページへは、このページ右側の[リンク]から飛んで頂けます。

⚫︎電話⚫︎
090-4628-3605 中川
(「船橋のサードオピニオン会について」と仰って頂けると幸いです。)









3月7日(土) 千葉県 船橋のメンタルヘルス相談会 中止のお知らせ


コロナウイルス感染拡大の影響により、3月7日に予定されていた船橋サードオピニオン会は中止となりました。

ご参加を予定して下さっていた皆様、大変申し訳ございません。ご理解の程どうぞ宜しくお願い申し上げます。


サー船 2020.3.7 チラシ低容量




『生きているのが辛い』

『死にたい』


辛い気持ちをどうにかしたいと思って飲んだ薬が、その『死にたい』という気持ちの原因になっている…
だとしたら、これってものすごく恐ろしい事じゃないでしょうか。


精神疾患の治療の為に病院から処方された薬を長期間飲んでいるのにも関わらず、死にたい気持ちが治らない。
それどころか、どんどん悪化している様な気がする…

もし今、このような状況の方がいらっしゃいましたら、一度、処方された薬を疑ってみるのがいいのかもしれません。


「薬の添付文書を読んだら驚愕だった。」

「薬を減らしたら頭がクリアになった。」

「薬を減らしたら会話の返答が早くなった。」

「薬を減らしたら疲労感が軽減した。」

「薬を減らしたら痩せた。」

「薬を減らしたらやる気が出て来た。」

「断薬したら眠れるようになった。」

「断薬したらいつの間にか死にたい気持ちが消えていた。」


減断薬をしたメンバー達から、こんな声が挙がっています。

私自身も、いくら服薬量を増やしても眠れない、薬を変えても眠れない、来る日も来る日も眠れない…
という先の見えない地獄の様な日々から抜け出せたのは、断薬したお蔭だと実感しています。

まず、処方された薬を疑ってみて、もしご自身に必要の無いものだと解ったら、減断薬の決断が必要なのかもしれません。

医師に処方されたからとただ漫然と飲むのではなく、必要な情報と知識を得て、その薬を飲む。飲まない。続ける。減らす。辞める。を自分で決める。

サードオピニオン会では、その決断をする為に必要な情報と知識のご提供を致します。
処方内容を診させて頂いて、どの薬から減らしたら良いかなどの詳しいご相談も承っております。

また、精神疾患や症状のこと、抱えている問題や困りごと、ストレスになっている環境や状況などを各々お話して頂き薬物治療に頼らない医療とは別の視点での解決方法を、参加者の皆さんと一緒に意見やアドバイスを出し合い考えてゆきます。


精神疾患を患っているご本人、そのご家族、精神医療に疑問を持たれている方、ソーシャルワーカーさん、ケースワーカーさん、看護師さん、薬剤師さん、MRさん等、どなたのご参加も大歓迎です。

入退室自由、匿名でのご参加も可能です。



*中止となりました。


⚫︎日時⚫︎
3月7日(土)13時〜16時

⚫︎場所⚫︎
船橋市本町3-4-3
千葉保育センター2階会議室①

*会場の建物は一軒家ですが、インターホンを押さずにお入り下さい。
階段を上がって左側の部屋になります。

⚫︎MC⚫︎
中川 聡
(オルタナティブ協議会代表・精神医療被害連絡会代表)

⚫︎参加費⚫︎
1000円(資料代)




✴︎✴︎✴︎お申し込み・お問い合わせ✴︎✴︎✴︎

⚫︎Facebook⚫︎
Facebookにて千葉オルタナティブ協議会をご検索→イベント→サードオピニオン会 in 船橋
→『参加する』をクリックでお申し込みできます。

*千葉オルタナティブ協議会のFacebookページへは、このページ右側の[リンク]から飛んで頂けます。

⚫︎電話⚫︎
090-4628-3605 中川
(「船橋のサードオピニオン会について」と仰って頂けると幸いです。)









2月に開催致しましたサードオピニオン会について



2月1日に開催致しました船橋サードオピニオン会について、オルちば副代表の藤巻さんが感想などを書いて下さいました。

是非ご覧頂けたら幸いです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



こんばんは🙋🏻‍♂️✨




藤巻無為™️です💁🏻‍♂️😆🌟




たいへん遅れまして、申し訳ありません。
今宵は、2月1日に千葉県は船橋市にて開かれました、サード・オピニオン会について書いてみようと思います。

この会は、基本的に毎月第1土曜日に船橋市の千葉保育センターにて開催されています。



2月1日のサード・オピニオン会の内容は、以下のとおりでした。



●まず、中川さん(中川聡氏=全国オルタナティブ協議会代表)は、「季節労働」をやってみたい、と仰っていました。
例えば、渡り鳥のように日本🇯🇵とオーストラリア🇦🇺の間を“季節的に”移動生活をしながら、行ったり来たり働き歩いて、「きっかけ」がなく、埋もれている才能が精神疾患を抱えた当事者には多いのだから、そういった人たちのために快復のためのリハビリも兼ねて農業などをやりたい、とのことでした。
どんどん少子化で日本🇯🇵の人口が減っているから、私たちの世代にはチャンスなのだとか。

ただし、行動を起こす場合、会社や組織には必ず「賞味期限」というものがあるとのこと。
例えば何かしらの問題が起こったときに組織の在り方が問われたとします。
そこで自ずと「自浄作用」が働けば良いのですが、そこで問題当事者が成功談を伝えたりして、分かり易いストーリーにしてしまってはならないのだとか。
表面的な安心を広めるための活動であってはならないという前提があるためです。
話の上手い人は、自ずと「広告塔」となってしまう場合や、それとして利用されてしまう可能性もあり、「善意に於ける活動の闇の部分」も必ずチェックして行かないと駄目ということでした。



●それから、中川さんが大阪で「シェアハウス」を立ち上げる、という話も出ました。
ゲストルームを含めた8部屋ほどの間取りで、共同生活をするという話です。
生活費は、一人当たり3万5千円にする。
全体の賃貸料を8万円にすれば、3万5千円×8で、充分に運営して行けるとのことでした。
ただし、サービス管理責任者が要り、PSW=精神保健福祉士の給料までは払えないそうです。

このシェアハウスは、極端な話、短期の借り入れもOKにする(1日から2週間ほど、一泊を高くて1,500円に抑えて)とのことでした。
こういった施設があれば、皆が皆、精神病院へ行かなくても済むのです。



そして、話題は「減薬」へと移りました。
●減薬は、方法が一人ひとりすべて違うので、本人中心主義で最終的には本人の意思確認が必要。

ピラミッド・ヒエラルキー(医学モデル)は思考停止の産物である。

この医学モデル・ヒエラルキーは才能を伸ばす事より役割を果たす事に重点が置かれ、苦手を克服することを強いている窮屈な社会である、という考え方です。

今の日本社会も、この医学モデルに準拠しており、日本の会社に「合理的配慮」などできるわけがない、というのが中川さんの考え方です。



●最後に、中川さんが私個人への減薬のアドバイスをしてくれました。

現在、私は、
エビリファイ、
シクレスト、
デパケン、
メイラックス、
の4種もの向精神薬を服用しておりますが、

このうち、
エビリファイ、
と、
シクレスト、
は、
精神活動を“下げる”=抑える薬です。

ですので、中川さんに言わせると、この2つの薬💊を同時に飲んでいる意味が分からないとのことでした。

まず、薬を減らす順序としては、
エビリファイ(離脱症状=禁断症状が出るのが、少なくとも半年後と遅めなので)
を先に減らす。

次に、
シクレスト。

それから、
デパケン。

最後に、半減期(薬の血中濃度が半分になる期間=薬の効能の継続期間の目安となる)が長いから止め易い、
メイラックス
を止めるように。

とのアドバイスでした。



向精神薬につきましては、今後、薬同士の等価換算値などを調べたりして、減薬には、もっと主体性を持って対処して行きたい、と思いました。




以上、
報告まで。
2020年2月27日





​​〜THE END〜






感謝感激
藤巻無為™️より💁🏻‍♂️🤝🌟




1月19日(日) 千葉県 船橋にてメンタルヘルス相談会

サー船橋 2020.1.19 チラシ低容量


2020年1月19日(日)、船橋にてサードオピニオン会(メンタルヘルスの相談・対話会)を開催致します。


今現在 心に問題を抱え服薬されている方、こんな疑問を抱いたことはありませんか?

『心の病って薬で治るのだろうか…?』

私自身、かつて心に問題を抱え、何年も服薬し苦しんでおりました。
すっかり快復し、心の健康を取り戻した今の自分が言えるのは、

『心の病は薬では治せない。』ということです。

心の問題というものは、薬を飲んでどうにかなるものではないと実感しています。

この会では、参加者1人1人の心の問題に対して、対話を通じて、
薬物治療に頼らない医療とは別の視点での解決方法を、参加者と共に考えてゆきます。

また、うつ病など精神疾患を患っている方、こんなお悩みはありませんか?

「主治医がイマイチ信用出来ない。」

「主治医に減薬を訴えているが、なかなかしてもらえない。」

「メンタルクリニックに通っているが、回復の兆しが見えない。」

「診断名に納得出来ない。」

「薬が体に悪いことは知っているが、なかなか減断薬に踏み込めない。」

「減薬が上手く行かず、行き詰まりを感じている。」

「断薬したが、薬害の後遺症で苦しんでいる。」

「断薬したが、社会復帰出来ずにいる。」

「家族が何年も引きこもっている。」

「子どもが発達障害と診断された。」

「とにかく苦しい。この苦しみからなんとか脱出したい。」

「死にたい」

…等々
些細なことから大きな問題まで、どうぞお気軽にご相談下さい。

精神疾患を患っているご本人、そのご家族、精神医療に疑問を持たれている方、ソーシャルワーカーさん、
ケースワーカーさん、看護師さん、薬剤師さん、MRさん等、どなたのご参加も大歓迎です。

入退室自由、匿名でのご参加も可能です。



⚫︎日時⚫︎
1月19日(日)13時〜16時

⚫︎場所⚫︎
船橋市本町3-4-3
千葉保育センター2階会議室③

*会場の建物は一軒家ですが、インターホンを押さずにお入り下さい。
階段を上がって後ろ側の部屋になります。

⚫︎MC⚫︎
中川 聡
(オルタナティブ協議会代表・精神医療被害連絡会代表)

⚫︎参加費⚫︎
1000円(資料代)



‪処方について相談したり、減断薬を励まし合う仲間と出会ったり、症状の話で共感し合ったり、愚痴り合ったり、
時には恋の話で盛り上がったりと楽しい会でもあります。‬

また、
「居場所がない…」
こんな思いはありませんか?

サードオピニオン会を居場所としてご活用頂くのも大歓迎です。
私自身も最初はそんな思いから参加致しました。
居場所がない人達の集まりでもありますので、どうぞお気軽にご参加下さいませ。

どうかお独りで苦しまないで下さいね。

皆様のご参加をお待ちしております。





✴︎✴︎✴︎お申し込み・お問い合わせ✴︎✴︎✴︎

⚫︎メール⚫︎
infochiba@alternativejapan.org

⚫︎電話⚫︎
090-4628-3605 中川
(「船橋のサードオピニオン会について」と仰って頂けると幸いです。)

⚫︎Facebook⚫︎
Facebookにて千葉オルタナティブ協議会をご検索→イベント→サードオピニオン会 in 船橋
→『参加する』をクリックでお申し込みできます。

*千葉オルタナティブ協議会のFacebookページへは、このページ右側の[リンク]から飛んで頂けます。