2017年11月12日 サードオピニオン会 in 船橋 開催します。

11月12日(日) 船橋にてサードオピニオン会(メンタルヘルス相談会)を開催します。

うつ病、精神疾患を患っている方、そのご家族の方、こんなお悩みありませんか?

「主治医がイマイチ信用出来ない。」
「主治医に減薬を訴えているが、なかなかしてもらえない。」
「メンタルクリニックに通っているが、回復の兆しが見えない。」
「診断名に納得出来ない。」
「薬が体に悪いことは知っているが、なかなか減断薬に踏み込めない。」
「減薬が上手く行かず、行き詰まりを感じている。」
「断薬したが、薬害の後遺症で苦しんでいる。」
「断薬したが、社会復帰出来ずにいる。」
「家族が何年も引きこもっている。」
「子どもが発達障害と診断された。」
「とにかく苦しい。この苦しみからなんとか脱出したい。」
…等々
お気軽にご相談下さい。

また、精神医療に疑問を持たれている方、ソーシャルワーカーさん、ケースワーカーさん、
看護師、薬剤師、MRの方のご参加も大歓迎です。

皆様のご参加をお待ちしております。


2017・11・12 サードオピニオン会 in 船橋
スポンサーサイト

- 2 Comments

sasaki  

薬とは

 本日は、お二人匿名で発達障害や抗精神薬について沢山のお話がありました。わたくし自身も薬を服用しているのですが、そこに何?何故?という疑問を持つのがこの講演前のサードオピニオン会でした。
誰もが持っている、悲しみや辛い苦しい。様々な感情があります。そしてそれは薬でこの感情は治るの?と考えればそれは個々の人間一人一人が持つ感情であり、薬=完治。これを改めて疑問に思わされました。
 確かにこれを正当すると一種の宗教のように思いますが自分が決めて自分が判断するといった薬の扱いに改めて実感しました。誰々が悪い、それはいけないといった事は簡単に言えます。ですが、それに疑問をもったりその薬に対してどんな事が起こるんだろう?自問自答する社会になるよう私自身深く思いました。だって産まれて一人の人間ですものね。別にこのサードオピニオンをひいきする気もありません。ですが、キッカケや疑問。頭の中のはてなを追求することは大切ですね。本日、中川様、Mogi様有難うございました。一つ一つが大きな輪になることを自身も信じて減薬に励みたいと思います。

2017/11/03 (Fri) 23:52 | EDIT | REPLY |   

andou  

コメントありがとうございます。

sasakiさん、コメントありがとうございます。
3日の日も、色々とご協力して下さりとても感謝しております。ありがとうございました。
『頭の中のはてなを追求することは大切。』
本当にその通りだと思います。
追求することで気持ちが外に向けばいいなぁと思います。
誰かと繋がることで光が見い出せると思いますので。(^_^)
サードオピニオン会が、独りで思い悩む苦しみから抜け出すきっかけになれたら嬉しいです。
独りで苦しんでいる方が居られるのなら、少しでも早く少しでも楽になって欲しいと思います。

2017/11/09 (Thu) 01:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。